人事工数の削減に寄与|共有するのに便利なグループウェア|業務効率を上げる為に導入しよう
男女

共有するのに便利なグループウェア|業務効率を上げる為に導入しよう

人事工数の削減に寄与

会社

工数が大幅に削減

勤怠管理をシステム化している会社は多数あります。勤怠管理がアナログであるとすべてが手作業での計算になります。工数がかかるだけでなく、ミスも誘発してしまう可能性があります。これをシステム化することで、工数削減に寄与します。出勤時と退勤時の二回打刻を行う事でタイムシート管理を自動でできることになります。さらに休憩時間や、打刻のミスについては該当者の上長がメンテナンスすることで常時勤怠管理をすることができます。更にこの利便性を高めるためにクラウドシステムを取り入れている会社もあります。派遣社員は、他社に出勤して勤務します。そのため社内システムを利用することができないのです。しかしクラウドシステムを用いることで自社のデータベースアクセスが可能になるのです。

社外でも利用できる

クラウドシステムは、どこにいてもインターネット環境があれば、接続することが可能になります。そのため直行直帰の業務においても利便性が高いのですが、不正を防止する対策を講じる必要があります。クラウドの利便性を利用した不正を防止するには、出勤している証拠となるデータが別途必要になります。お金をかければ、GPSなどのシステムを利用することもできますが、コストが大きくなっては、勤怠管理をシステム化する意味はありません。そのため派遣であれば派遣会社の承認などをクラウドに導入することで解決する方法を採用しているケースもあります。人事コストは削減すればするほど利益を出すことができます。そのためのシステム化は重要なのです。